■PMSに効果があると言われているハーブの種類一覧

 

・婦人科系の症状に効果があるハーブを選ぶと良い
・馴染みのある名前のハーブから挑戦してみよう

 

 

PMSという生理前症候群は、月経のある女性のうち2人に1人は経験
したことのある症状と言われています。

 

 

生理前にイライラする、腰痛がひどくてつらい、下痢や便秘、そして
ちょっとしたことで泣いてしまう・・・。

 

 

男性から見たら「ただの生理痛で大袈裟」と思えるこの症状は、実は
一般的に多くの女性たちが悩まされている症状なのです。

 

 

私自身もPMSに悩まされている一人で、生理前は軽い下痢が続き、
イライラが止まらなくなってしまいます。

 

 

先日も旦那さんにちょっとからかわれただけで、ストレスが爆発して
しまい、「もう、別れる!」と怒鳴りちらしてしまいました。

 

 

からかわれた原因は、美容院へ行ってカットして来て髪型が似合って
いないこと。

 

 

いつもなら笑って済ませられるジョークなのに、どうしても許せず、
気が付いたら怒鳴ってしまっていたのです。

 

 

そんな自分がショックで激しく落ち込み、トイレで一人で泣いてしまい
ました。ジョーダンも通じないくらいに情緒が不安定だったのです。

 

 

そんなことが月に1回、半年間続き、婦人科を受診して初めてPMS
という名前を聞きました。

 

 

先生に「ハーブがいいですよ」を教えてもらい、早速いろいろなハーブを
試し始めました。

 

 

PMSに効果のあるハーブは以下のようなハーブです。

 

 

ジャーマンカモミール
心身のリラックス、消炎作用、不眠、冷え性、生理痛などに効果的。

 

ダンディライオン
肝胆系の不調、便秘、消化不良に効果的。

 

セントジョンズワート
生理前症候群、軽度〜中度のうつ症状に効果的。

 

ローズヒップ
ビタミンC消耗時の補給、インフルエンザ予防、便秘に効果的。利尿作用有。

 

ラズベリーリーフ
生理痛、生理前症候群、出産準備、下痢に効果的。

 

パッションフラワー
中枢系の症状緩和に効果的。

 

ペパーミント
集中力の低下、過敏性腸症候群に効果的。

 

 

■チェストベリー(チェストツリー)が注目されている

 

・ホルモンと似た作用を持つことが明らかになっている
・歴史のあるハーブなので信頼度が高い
・欧米では生理を促進させるために使われていたことも!

 

 

チェストベリーは女性のためのハーブと呼ばれています。
それほど、女性に対する健康効果が高いのです!

 

 

その理由は、チェストベリーに含まれている成分が女性ホルモンと
似た働きをするから。

 

 

ハーブに造詣の深いドイツでは、チェストベリーはPMSの治療薬と
して認められています。

 

 

また、アメリカでは19世紀に整理を促進させるための薬に、チェスト
ベリーを使っていました。

 

 

つまり、チェストベリーにはとても長い歴史があり、世界中の女性たち、
医師たちに信頼度が高いハーブなのです!

 

 

急に最近人気に火がついたというわけではなく、昔から認められていた
ハーブが、ここへきて最注目されているというわけですね。

 

 

チェストベリーの成分には、中枢である脳下垂体に直接働きかける
作用があります。

 

 

女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌を促すのです。

 

 

しかし、プロゲステロンが多くなっている時にも効果はあります。
もし摂取してみて、症状が悪化したらすぐに辞めて、医師に相談
しましょう。

 

 

■チェストベリーのアダプトゲン作用って?

 

・プロゲステロンが足りない人は増やし、多い人は減らす作用
・女性ホルモンのバランスを調節してくれる
・バストアップ効果も!

 

 

チェストベリーはプロゲステロンの分泌を促すのですが、それだけでは
なくアダプトゲン作用という作用が働きます。

 

 

これはプロゲステロンが少ない人は増やし、多すぎる人は減らす作用で、
その人にとって、ちょうど良い女性ホルモンのバランスにととのえてくれるのです。

 

 

PMSは女性ホルモンのバランスの乱れから来ると考えられているので、
アダプトゲン作用が症状を緩和してくれるわけですね!

 

 

そして、PMSの症状緩和だけではなく、無月経、月経不順、不妊治療、
ニキビ改善など。様々な効能があります。

 

 

さらに、プロゲステロンが黄体期に摂取されるとバストアップにもつながります。
バストアップしつつPMSの症状を抑えてくれるなんて、一石二鳥ですよね!

 

 

■チェストベリーはどうやって摂取するの?

 

・サプリメントかハーブティーが一般的
・1日40mgづつ摂取すると良い

 

 

サプリメントとハーブティー。
チェストベリーを摂取する方法はこの2種類があります。
特に手軽で浸透しているのはサプリメントですね。

 

 

仕事で忙しい人や外出先でも飲みたい人などに人気となっています。
1日1粒好きな時間に飲めばOK。

 

 

ハーブティーの場合は、1日40mgのチェストベリーでお茶を入れて
飲んでください。ふた付きのマグカップが便利ですよ。

 

 

このように、毎日取り続けるのが面倒そうなハーブですが、
簡単に続けることが出来ます。

 

 

ハーブティーは最近はティーパックも発売されていて、紅茶と同じような
感覚で楽しむことが出来ます。

 

 

ハーブティーを入れる時は10分以上むらしてくださいね。また、夜寝る前
などに飲むとリラックス効果が高まり、熟睡できるようになります。

 

 

睡眠はPMS改善のためにとても大切なものですよ。
■ハーブは副作用はない?

 

・体質にハーブが合わない人は下痢などを起こす
・妊娠中や授乳中などの人は注意が必要

 

 

PMSの症状に悩み、婦人科を受診した時に先生に「ハーブがいい」と
勧められました。身体的な症状にも精神的な症状にもきくとのこと。

 

 

ハーブ自体を飲んだことがほとんどなかったので、とりあえず馴染みの
あるジャスミンティーを入れて飲んでみました。

 

 

夜寝る前に飲んでいたところ、熟睡できるようになり、PMSの時期でも
気分が軽く生活できるようになったのです!

 

 

「これはいい!」と、他のハーブを試そうとしたところ、ネットで検索して
いたら「ハーブには副作用がある」という気になる記事が。

 

 

読んでみると、ハーブは一般的な食材と同じように体質に合わない人が
摂取すると下痢やめまいなどを引き起こすことが分かったのです。

 

 

その他にもハーブの副作用には、このようなものがあるようです。

 

 

まず、キク科のアレルギーがある人はハーブを選ぶ際に注意が必要。
ハーブにはキク科の植物由来のものが多いためです。

 

 

エキナセラ、カモミール、カレンデュラなどハーブを代表する種類も、
キク科なのです。

 

 

ブタクサやヨモギなどで秋の花粉症の症状が毎年出てしまう人は、
キク科のハーブにアレルギーが出る可能性が大ですよ。

 

 

もし、花粉症の症状が軽いものであれば、ハーブティーを飲んでもOK
ですが、深刻な花粉症に悩まされている人は飲まないでください。

 

 

また、持病がある人もハーブの副作用に注意をするようにしましょう。

 

 

リコリスというハーブは、高血圧、糖尿病の人はやめましょう。
ホーステールは、心臓病、腎臓疾患のある人は避けてください。

 

 

ジュニパーベリーは、腎臓疾患のある人、サフラワーは出血傾向がある
人は避けるようにしましょう。

 

 

こうした症状や疾患がある人は、ハーブを飲みたい場合は医師に相談を
してください。

 

 

■ハーブティーとハーブ入りサプリメントの違い

 

・有効成分を決まった量摂れるのはサプリメント
・芳香成分の効果を得られるのはハーブティー

 

 

PMSの症状を和らげるためにハーブを取る時に、ハーブティーで取ろうか、
ハーブ入りサプリメントで取ろうか、どちらか迷いますよね?

 

 

まず、ハーブ入りのサプリメントはハーブの有効成分を決まった量、
確実にとることが出来ます。

 

 

ですので、毎日確実に効果をえたいならサプリメントですね。

 

 

また、ハーブ特有の香りや味が苦手な場合でも、サプリメントなら
香りも味もありません。

 

 

このハーブの有効成分が欲しいけど、味と香りが苦手という場合は
サプリメントが良いです。

 

 

そして、ハーブティーの場合は、サプリメントでは味わうことのできない
味と香りを楽しむことが出来ます。

 

 

ハーブの香りには芳香成分と呼ばれる、香りを吸い込むことで
身体に得られる効果があるのです。

 

 

有効成分だけではなく、芳香成分も摂取できるのは、ハーブティー
の最大の良さですよ。

 

 

また、精油成分と呼ばれるアロマオイルに使われている成分を
取ることも出来ます。

 

 

サプリメントでは、ほとんど抽出する過程で失なわれてしまう成分です。

 

 

ハーブティーはゆっくり飲むという行動自体にリラックス効果、
リフレッシュ効果があります。

 

 

ハーブの良さを余すことなく取り入れて、ゆったりと気分転換をしたいなら
ハーブティーが良いでしょう!

 

 

■副作用の少ないハーブティーは?

 

・安心して飲めるのはスカルキャップ、ペパーミント
・副作用が出たとしても薬程の症状は出ない

 

ハーブティーの種類の中で副作用の心配がなく、安心して飲める
ものはないのでしょうか?

 

 

調べてみると、妊婦さんでも安心して飲めるハーブティーもある
ようですよ!

 

 

まず、スカルキャップは優れた鎮痛効果があるので、腰痛や腹痛
などの生理痛にも効果的。

 

 

イライラ、不安などの精神症状も和らげてくれるので、生理前後に
飲むと良いですね。

 

 

また、ぺパ^ミントティーは、芳香成分が気分をスッキリさせてくれます。
イライラした時や不安で心がどんよりしている時に効果を発揮してくれますよ。

 

 

■ハーブを長持ちさせるためには?

 

・紫外線や高温多湿を避けること
・1ヶ月以内に使い切る分だけ購入しましょう

 

 

ハーブを高品質で保存するためには、日の当たらない場所で高温多湿を
避けて保存してください。

 

 

キッチンの戸棚の中や、引出しの中で夏の暑い時期は冷蔵庫に入れて
保管するようにしましょう。

 

 

また、梅雨などの湿気の多い時期は保存する瓶や容器のふたの裏に
乾燥材を入れておくと湿気が溜まらず安心ですよ。

 

 

そして、ハーブをティーパックなどで購入する時はまとめ買いをしない
ようにしてください。

 

 

1ヶ月に飲みきれる分だけを購入し、あまり長い期間、放置しておくこと
のないようにしましょう。

 

 

保存をする容器には、ガラス製の密閉容器を使う人が多いですが、
わざわざ買わなくてもジャムの便でもOK。

 

 

また、ハーブの賞味期限は種類に関係なくおおよそ1年間とされています。

 

 

しかし、これは冷暗所で保管したケースですので、日光のあたるところで
保管していると、もっと品質が変わってしまうのが速いです。

 

 

ですので、ハーブは短期間で使いきれる量を小まめに買った方が良いですよ。
鮮度の高いハーブの方が、PMSの症状に効果的です。
■セントジョーンズワートは強すぎるので注意が必要

 

・副作用が出る人は1%〜10%に過ぎない
・抗うつ薬ほどではないが効果が出過ぎるので妊娠中はダメ
・日焼けサロンや日差しを避けるようにする

 

 

PMSのイライラに効くハーブの中で効果が大きいと話題なのは、
セントジョーンズワートです。

 

 

私も以前は、PMSの改善のためにチェストベリーを飲んでいますが、
以前はセントジョーンズワートを飲んでいました。

 

 

セントジョーンズワートを飲んでいた時はPMSの症状が全くと言っていい程
でなくて、とても快適でした。

 

 

しかし、PMSの症状がセントジョーンズワートを飲んでも治らなかった時。
婦人科へいき、ピルを処方された時に「セントジョーンズワートとは一緒に
飲まないでください」と医師にいわれてしまったのです。

 

 

それ以降、ピルをもし万が一、また服用することになった時のために、
大事を取ってチェストベリーを飲むようにしています。

 

 

セントジョーンズワートはピルや情緒を安定させる薬、SSRIなどと一緒
には服用することが出来ません。

 

 

そして、妊娠中の人は飲まないようにしてください。
強い日差しや日焼けサロンも避けた方が良いでしょう。

 

 

セントジョーンズワートを正しい量、飲んでいれば問題ないのですが、
大量に摂取してしまった時に日光過敏症を引き起こします。

 

 

日光過敏症とは、肌に非常に繊細になり日光に短時間でも当たった
だけで赤くはれ上がったり、やけどした状態になること。

 

 

この症状が出ている時に強い日差しを浴びたり、日焼けサロンへ行ったり、
してしまうと全身の大やけどを負う恐れがあるのです。

 

 

セントジョーンズワートは適切な量を取るようにしましょう。
正しく摂取していれば副作用の心配はありませんよ!

 

 

■DHCサプリセントジョーンズワートの口コミ

 

・個人差があるので効果は自分の体調を相談して把握する
・2か月間は飲みつづけてみてください

 

 

セントジョーンズワートのサプリメントには、さまざまな種類がありますが、
もっとも手軽なのはDHCですね。

 

 

DHCのセントジョーンズワートのサプリメントを試した人たちの口コミを
チェックして、参考にしてみてください。

 

 

「1日4粒、朝夕2粒づつ飲んでいます。服用して2週間くらいですが、
気休めにはなったと思います。劇的な変化はないです。
でも、辛い症状が出なくなったのは嬉しいです」

 

 

「飲み始めて2日目で気持ちが不安定になり、生活をするのも苦しく
なりました。他の会社のもう少し高い商品の方が効果がありました。

 

 

今、体調を崩しているので、もう少し体調が良くなったら効果は違う
かもしれません」

 

 

「これといった効果は得られず、期待はずれでした。
効果のある人にはあるようですので、私に向いていなかった
だけでしょうか?」

 

 

「毎日4粒づつ飲んでいます。一袋飲みきったところですが、
なんとなくひどく落ち込むことがなくなったような気がします。
しばらく落ち込む原因は改善されないので頼ろうと思っています」

 

 

このようにDHCのセントジョーンズワートは個人差があるようですね。
しかし、サプリメントは効果がで始まるまで時間がかかるものなのです。

 

 

身体にじんわり作用して体質を変えるので、最大で2か月かかってから
効果を発揮します。

 

 

サプリメントはだいたい1袋で1ヶ月分なので、2袋飲んでから合う合わ
ないを判断しましょう。

 

 

しかし、飲み始めてすぐに生活に支障が出るほど気分が落ち込んだり
したら飲むのを辞めてください。

 

 

セントジョーンズワートは飲むのを辞めれば、辛い副作用は収まります。
再び飲むのを再開したい時は医師に相談してみましょう。

 

 

また、飲む量を1日4粒から1日2粒に変えるなど、自分で工夫をして
みることも大切ですよ。

 

 

1日の摂取量を上回らなければ問題ないので、減らしてみると効果が
違ってくるかもしれません。

 

 

■セントジョーンズワートでは改善できない症状は?

 

・腰痛などは身体を温めて改善する
・身体的な症状が軽くなると気持ちも軽くなる

 

 

セントジョーンズワートは気分の落ち込み、イライラ、不安などを
やわらげてくれる薬です。

 

 

PMSの精神的な症状には効果的ですが、身体的な症状には効果を
発揮しません。

 

 

ですが、生理前になると腰痛や身体のだるさなど身体的な症状も出て
きますよね?

 

 

身体的な症状はハーブではなく、自分でできる工夫で治してください。
まず、身体のだるさや腰痛は冷えから来ていることが多いです。

 

 

生理前に腰が痛いなと感じたら腹巻をしたり、温湿布を腰に貼ったり
してください。

 

 

また、身体がだるい時には温かい飲み物を飲んだり、深呼吸をしたり、
かるいストレッチをしたりするとよいです。

 

 

身体をほぐしてスッキリとした気分になれる努力をしてみましょう。

 

 

立ち仕事の人は、爪先立ちを3秒間づつ行う爪先立ち運動をしてみて
ください。

 

 

デスクワークの人は、デスクの下で靴を脱いで、足指を動かしたり、
足首を上下に動かす運動をしてみましょう。

 

 

下半身のだるさが解消されます。

 

 

温かい飲み物を飲むことも足首の運動も、深呼吸も全て血行とリンパの
流れを良くしているのです。

 

 

こうすることで、下半身に溜まっている老廃物が流れてくれます。

 

 

身体のだるさは気分的なものよりも老廃物が溜まっているために、
起こることの方が多いのです。
■月見草オイルに含まれるガンマリノレン酸がPMSに効果があると言われている理由

 

・女性ホルモンの分泌に必要な栄養素だから
・女性ホルモンのバランスを整える作用がある
・アメリカやヨーロッパでは昔から生理痛や月経不順に使われている

 

 

生理前や生理中のイライラ、身体の不調に効果的なハーブは多くあります。
チェストベリー、セントジョーンズワート、そして月見草オイルもその一つ。

 

 

私はつい最近知り、これから使い始めてみようと思っているところですが、
ハーブって、同じ種類を服用し続けているとその効能に身体が慣れてくるのです。

 

 

つまり、最初はチェストベリーでPMSのイライラや腰痛が抑えられていたのに、
だんだん効果がなくなり、イライラが増してくるようになります。

 

 

そうなってくると新しいハーブへ切り替えた方が良いのですが、月見草オイル
はどうしてPMSの症状を軽くしてくれるのでしょうか?

 

 

 

月見草オイルには、ガンマリノレン酸という栄養素が含まれています。
このガンマリノレン酸は、女性ホルモンの分泌に必要なものなのです。

 

 

アメリカやヨーロッパでは昔から生理痛や月経不順、PMSなどの症状の
治療に使われてきたという実績がありました。

 

 

また、月見草オイルとチェストベリーや大豆イソフラボンを一緒に摂取
することでPMSの改善効果がさらに期待できるようになります。

 

 

PMSは女性ホルモンのバランスの乱れが原因ですので、その乱れを
ととのえる役割をしてくれるのです。

 

 

PMSの症状への作用の他にも、血中のコレステロールを下げる生理作用が
ありますので、血行をよくしてくれます。

 

 

■PMSになりやすい人は血液中にガンマリノレン酸が少ない

 

・ガンマリノレン酸が少ないことでPMSになりやすい
・月見草オイルなどで補うことでイライラなどの症状が軽くなる

 

 

PMSになる人は、血液中のガンマリノレン酸が不足していることが多いです。

 

 

月見草オイルはアカバナ科の植物で、月見草オイルは必須脂肪酸である
ガンマリノレン酸が含まれています。

 

 

ガンマリノレン酸は、体内でプロスタグランディンという成分に変化していきます。
このプロスタグランディンは、月経前症候群や女性ホルモンのバランスをサポート
することで、月経のリズムをととのえてくれるのです。

 

 

PMSをもとから改善して、もう月に1回悩まないようにしたいなら、月見草オイル
を積極的に摂るようにしてください。

 

 

■月見草オイルをとり、サラダ油を減らそう

 

・サラダ油の摂り過ぎが栄養バランスの偏りを生んでいる
・植物性油3種類の摂取バランスに気を付ける

 

 

月見草オイルは植物性油に割り当てられます。
私たち人間が毎日の生活の中で摂取する油の種類は3種類です。

 

 

動物性油、植物性油、そして魚の脂分。
これらの中で最も多くの量を取るのが、植物性油です。

 

 

植物性油はさらに3つの種類に分けることが出来ます。
亜麻仁油、イワシ、アジ、さば、マグロなどに含まれているオメガ3系。

 

 

コーン油、月見草オイル、ひまわり油、牛肉などのオメガ6系。
オリーブ油、キャノーラ油などのオメガ9系。

 

 

この3種類の中でもっとも摂取量が多いのは、オメガ6系の油なのです。

 

 

つまり、月見草オイルがPMSに良いからと言って、普段のサラダ油に
月見草オイルをプラスしていると油の摂取バランスが乱れてしまいます。

 

 

理想的な摂取バランスは「オメガ3:オメガ6=1:4」なのです。

 

 

月見草オイルを取りたい場合は、普段使っているサラダ油をオリーブオイル
にして野菜炒めなどはオリーブオイルで作るようにしてください。

 

 

また、味やカツオ、マグロなどを積極的に食べて不足しがちなオメガ3系の
油を取ってください。

 

 

オリーブオイルはオメガ9系なので、バランスを崩したくない時に摂取すると
良いですよ。

 

 

■月見草オイルはサプリメントが便利

 

・毎日手軽に取り入れられるサプリメントで摂取する
・2か月連続で飲みつづけて効果を確認しよう

 

 

月見オイルを生活に取り入れる場合は、サプリメントが最も手軽で
良いでしょう。

 

 

海外製のサプリメントの中には120粒など大量に入っているものも
ありますが、1ヶ月分づつ買って、まとめ買いをしない方が良いですね。

 

 

サプリメントはあくまでも健康食品ですので、常に新しいものを摂取
するようにした方が良いのです。

 

 

また、身体がサプリメントの成分に馴染んで効果が発揮されるまで
2か月間かかる人もいます。

 

 

ひとまず1ヶ月間は飲みつづけるつもりで、根気強く続けてみてください。

 

 

ボトル型のものよりもチャック付きの袋型のものの方がカバンに入れて
持ち歩きやすいので、便利ですよ。

 

 

月見オイルのサプリメントの値段は例として挙げると、日本健食株式会社の
「ガンマリノレン酸含有月見草オイル1ヶ月分」で1,523円です。

 

 

経済的な部分も考えて、サプリメントは選ぶようにしてください。

 

 

また、軽く運動をしたり、ストレスをためないようにしたり、嫌なことは考え
込まないようにしたりと、自力で出来る工夫も行っていきましょう。

 

 

栄養素だけではどうにもできない部分もあるのです。
そして時には思いっきり感情を爆発させることも大切。

 

 

映画を観て号泣したり、音楽を聴いて感情的になって気持ちを
発散したりしましょう!
■サプリメントの基礎知識。なんでも天然、無添加がいいわけではない

 

・天然サプリメントでも農薬などが入っていて有害物質があることも!
・価格が高いので経済的に続けられないというデメリットがある

 

 

PMSで苦しんでいる女性は毎月生理前1〜2週間から生理始まり、
もしくは生理2〜3日目まで症状を抑えるサプリメントを飲みます。

 

 

私自身もハーブを摂取しているのですが、私の場合はハーブティー。
生理1週間前〜生理初日まで毎月、夜寝る前にハーブを飲んでいます。

 

 

しかし、100%天然由来で出来ているハーブティーは独特の味や香り
があり、慣れるまでには苦労しました。

 

 

今でも疲れている時や体調が悪い時は飲むのに抵抗を感じてしまいます。

 

 

ただでさえ、イライラして神経質な時に香りの強いお茶なんて飲む気に
なれなくなってしまうのです。

 

 

ですので、そんな時はサプリメント派の人がうらやましく思えます。
香りも味に気にしないで、サッとハーブを摂取できるのですから。

 

 

ですが、サプリメントにも天然由来のものや合成のものがあります。
一体、どちらがいいのでしょうか?

 

 

また、天然のサプリメントにはハーブティーのような独特の香りが
あったりするのでしょうか?

 

 

調べてみた結果、天然のサプリメントはやはり独特の香りがあること
が分かりました。

 

 

また、植物由来でも農薬が混入していたりと、100%天然、安全とは
言い切れなかったりするようです。

 

 

他にも合成サプリメントと、無添加のサプリメントでは違った特徴が
あるようです。ここから比べていきましょう!

 

 

■合成、無添加、それぞれのメリット・デメリット

 

・合成は作用しないものもある
・無添加は成分同士の相乗効果を期待できる

 

 

合成と無添加、それぞれ違う種類のサプリメントのメリット・デメリットは
なんなのでしょうか?

 

 

まず、合成サプリメントのメリット・デメリットからです。

 

 

合成サプリメントのメリットは、不純物がなく、高濃度に濃縮された
栄養素が得られることです。

 

 

1粒で1日分OKというものもあり、手間がかかりません。
また、天然のものに比べ安く農薬混入の恐れがありません。

 

 

味や色がないものもありますが、それでいて天然のものとほぼ同じ
効果を発揮するサプリメントもあるのです。

 

 

そして、合成サプリメントのデメリットは、天然もののような作用を
発揮しないものもあることです。

 

 

また、安いので、ついつい過剰摂取してしまうこともあります。

 

 

さらに現在、解明されている栄養素しか含みませんので、思わぬ
おまけといった効果は期待できません。

 

 

継続的に摂取したいなら合成の方が金銭的にも安全面でも優秀ですが、
やはり自然な形で、栄養素を取れるという魅力は大きいものがあります。

 

 

どちらを選ぶかは個人の判断です。

 

 

サプリメントを合成にしても、毎日の食事を野菜中心にしたり、100%天然の
フルーツジュースを飲んだり。

 

 

少しの工夫をして、食事を総合的に見て、天然の栄養素を多くとるように
することも可能です。

 

 

続いて無添加サプリメントのメリット・デメリット。

 

 

最大のメリットは、一緒に含まれる成分同士の相乗効果が期待できます。
また、人の身体に馴染みやすい形で栄養成分が形成されています。

 

 

そして解明されていない栄養素も含まれているので、隠れたメリットも
ありますよ。

 

 

一方のデメリットは、合成サプリメントに比べ、価格が高く設定されて
います。また、植物由来の毒素が含まれているので、副作用がゼロ
ではありません。

 

 

また、合成とは違い高濃度にすることがほとんどできないこと、サプリ
メント自体に色がついていること、味に癖があることなどがデメリットですね。

 

 

■サプリメントよりも食事に気を配りましょう

 

・サプリメントはあくまでも食事のフォロー役
・食事を天然食材で栄養バランスのとれたものに!

 

 

サプリメントの原材料が天然かどうかをチェックすることはとても大切なことです。
それによって、得られる栄養素が変わってくることもあるからですね。

 

 

しかし、それはサプリメントよりも毎日の食事の方に言えることなのです。

 

 

インスタント食品や外食、デリバリーばかりだと同じ乳製品を使っている
食事でも総合的に見た時の栄養バランスが全く違います。

 

 

野菜がたっぷり入っているインスタントのスープよりも自宅で作った
野菜スープの方が栄養素は高く塩分も控えめです。

 

 

サプリメントの原材料にこだわりを持つなら、まずは食事のメニュー、
そして食材にもこだわりを持つようにしましょう。

 

 

サプリメントはあくまでも食事のフォロー役。メインは食事なのです!

 

 

■サプリメントの併用は避けましょう

 

・複数種類のサプリメントの併用は飲み合わせが難しい
・サプリメント依存症になる危険性もある!

 

 

サプリメントは複数種類を併用すると、飲む合わせなどがあり危険です。

 

 

飲み合わせとは、薬やサプリメントをいくつか一緒に飲むことで、お互いの
効果を打ち消してしまったり、よくない方へ働かせてしまったり。

 

 

このような事態になるかどうかを知るための相性のこと。
サプリメントの併用は薬剤師か医師へ相談をしてください。

 

 

また、多くても3種類までにとどめておきましょう。
5種類以上のサプリメントを飲むとサプリメント依存症になりやすくなります。

 

 

サプリメント依存症とは、食事の代わりにサプリメントを取ってしまったり、
サプリメントなしでは生きていけなくなったりする症状のことです。
■PMS対策で評判の良いサプリメント

 

・PMSの症状で評判の良いサプリメントはPMSの時期だけ飲めばいい
・PMS以外の時期も飲まなければいけないのは負担になる

 

 

生理前にイライラしてしまい、普段の自分ではないような感覚になって
しまうことは、女性なら誰もが一度は経験したことがあります。

 

 

私は普段できるだけ自分でできる対処法でPMSのイライラを抑えています。
しかし、どうしても自分で抑制できない時はサプリメントに頼るのです。

 

 

仕事場で自分の思うように仕事の成果が出なかった時、家庭で旦那さん
が掃除をしたばかりの部屋を散らかした時。

 

 

こうしたちょっとした時に、怒りが爆発してしまい、周囲に合ったものを床に
投げつけてしまったこともあります。

 

 

PMSの最中は自分の感情がどうしてもコントロールできないのです。
そうした時にサプリメントを飲んでおくと、本当に安心できますね。

 

 

ここでは、PMSに効果的な評判の良いサプリメントをご紹介しましょう!

 

 

「HINA(ウェリナ)」 本体価格1,800円
成分の85%が無農薬のオーガニック原料でできたサプリメント。

 

 

1ヶ月のうち、たった7日間だけ飲めばいいので手軽です。
鉄分不足にも効くようにフェニール鉄を配合しています。

 

 

「イブニングプリムローズ」 2,800円
月見草油以外の成分が配合されていないので、安全。
毎日2粒〜4粒、量を調節しながら飲みタイプのサプリメント。

 

 

肌荒れや吹き出物には効果が高いので評判がいいです。

 

 

「イソラコン」 5,700円
大豆イソフラボンにこだわった成分で、安全性や吸収性が高いです。
女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが有効成分。

 

 

アンチエイジング効果も期待されるので、美容効果も高いです。

 

 

■ルナベリーの口コミと効果が出るまでの期間

 

・リピート率は約93%!多くの人が継続的に飲みつづけている
・効果が出るまでは3ヶ月以上かかるので忍耐が必要

 

 

ルナベリーというチェストベリーの有効成分のサプリメントは、かなり
評判がよく、多くの女性たちがPMSの症状が軽くなっています。

 

 

ルナベリーのリピート率はなんと約93%です。
多くの人が継続的に飲みつづけていることになります。

 

 

しかし、そこには一つカラクリが合って3ヶ月以上継続して飲みつづ
けないと効果が発揮されないのです。

 

 

つまり、リピート率が高いからと言って、飲んでいる人たちに効果が
出ているとは限りません。

 

 

ここからは、実際にルナベリーを飲んだ人たちの口コミを紹介して
いきましょう。

 

 

実際にはどれくらいの効果があるのでしょうか?

 

 

「効果が出るのには3ヶ月以上かかるようですが、なんとなく
生理痛が軽くなってきたような気がします。

 

 

気分の浮き沈みも抑えられているような気がするのですが、
飲み始めてまで1ヶ月目なので、気のせいでしょうか?」

 

 

「1日1粒なので、継続的に飲みやすいです。パッケージが可愛くて
外出先で飲むときにも恥ずかしくないのが嬉しいです。
頑張って飲みつづけよう思います」

 

 

「効果があるかどうかはまだ分かりませんが、とても飲みやすい
サプリメントだと思います。

 

 

ルナベリーを飲んだから大丈夫!と思えるようになり、
イライラが少しだけですが軽くなったような気がします」

 

 

■チェストベリーが有効成分の市販薬

 

・プレフェミンもルナベリーと同じハーブで出来ている
・副作用が強く購入には薬剤師の許可がいる

 

 

ルナベリーはチェストベリーというハーブが原材料です。

 

 

女性ホルモンに似た成分が働いてPMSの症状や生理不順、生理痛を
緩和してくれます。

 

 

様々な婦人科系の症状に効果があるサプリメントに良く入っています。
そして、チェストベリーを使った市販薬も販売されているのです。

 

 

プレフェミンというPMS専用の市販薬で、日本で唯一薬局で購入できる
PMS向けの薬です。購入するには薬剤師の判断を仰がないといけません。

 

 

90%以上の人に興が出たのですが、これはルナベリーと同じですね。
プレフェミンは薬なので、臨床試験で効果が確認されています、

 

 

また副作用も確認されているので、確実な使用状況が分かったうえで
飲みたいならプレフェミンですね。

 

 

ルナベリーでは臨床試験は行われていません。
サプリメントは健康食品なので、臨床試験の義務がないためです。

 

 

■さまざまなハーブを手軽に料理に取り入れる方法

 

・瓶やコップにハーブを植えてキッチンやベランダに飾る
・使いたい時にすぐにサッと取れて便利

 

 

普段の料理にハーブを取り入れるとなるととても面倒に感じるかもしれません。

 

 

ジャムの瓶やコップに少しづつハーブを植えて、キッチンで育てれば
手軽に料理に入れられます。

 

 

肉料理の時にローズマリーを使うと血行促進してくれ、落ち込んだ気分を
明るくしてくれます。

 

 

ペパーミントは憂鬱な気分をスッキリしてくれるので、ペパーミントティーなど
に良いですね。

 

 

また、キッチンに緑があるとそれだけで気分が和みますし、ミントなどは
生えているだけで良い香りがするので、芳香成分を取ることが出来ます。

 

 

また、植物を育てることは自分が必要とされているという自信を持つことに
繋がりますので、情緒を安定させる作用もありますよ!